格安航空券購入では情報収集が大切

夕暮れの飛行機

格安航空券購入では情報収集が大切

格安航空券という言葉も定着しました。正規料金で何万円もしたのが格安のものだと半額ほどと言うのも珍しくありません。
確かに格安にしたことで、時には乗り心地やサービスも満足できないともありますが、そのぶん目的地での買い物や食事に使えると思うと、やっぱり格安にしたいと思いませんか。
そんな安く航空券を買うには情報収集が大切です。

格安の基本は早割

セールと書かれたロゴ
格安にするための基本としては、やっぱり早割がいいでしょう。JALやANAといった大手の航空会社でやっていますし、また格安航空会社によっても、もともと安いのにさらに早割を実施しているところもあります。
こうした早割は基本的には70日前や45日前や15日前などその出発日の何日前かで決まっています。早めに購入するほどお得です。
とはいっても航路やその時間も年に2回ほど変わるところも多いです。ですので、航路や時間の情報も抑えておく、情報を知っておくことも必要です。
また、こうしたとダイヤの変わるタイミングなどではセールも行われるので、要チェックです。セールだとさらに安くなりやすいからです。

セールのタイミングも狙おう

このようなセールも年にダイヤが変わるタイミングや航空会社によって、週末に、また座席が空いているときに急に行われることもあります。格安航空会社の場合、路線やタイミングはバラバラでいきなりセールで安くすることもあります。
前日でも、まずはチェックすると安く買えるかもしれません。
さらに新規航路ができたときに、最初は半額やそれよりも下げるなんてこともあります。新規航路の開始も実はセールのタイミングになりやすいです。
ですので、普段からニュースを見ておき、新規航路開始と旅行のタイミングが合えば、ぜひその航空会社を利用しましょう。
こうしたセールのタイミングもを知るためには、情報収集が必要です。そのために航空会社のホームページをこまめにみたり、さらには航空会社会員になってメルマガを受けるのもいいでしょう。
さらにFacebookやTwitter等でもお知らせをすることもあるので、それをチェックするのもオススメです。
また、格安航空会社によっては、LINEもしているので、そこで会員になるのもいいでしょう。

情報収集はやりやすい

情報収集もホームページをみるだけでなく、自分のやっているSNSを絡めるとよりやりやすくなります。
また、旅行代理店でもセールがないか相談してみるのもいいでしょう。
こうしていけば、格安航空券をさらにお得にできるかもしれません。