格安航空券を利用するときにマイルも貯めたい

夕暮れの飛行機

格安航空券を利用するときにマイルも貯めたい

誰もが1度くらいはマイルやマイレージと言う言葉も聞いたことあるでしょう。またテレビでも時々マイルのことが、とトークの話題やお得情報として紹介されています。
せっかく、格安航空券を利用するからにはマイルもと考えてしまいませんか。

マイルのことがあまりわからない

豚の貯金箱
マイルという言葉は知っていても、仕組みがわからない人も多いでしょう。そんな人のためにまずはマイルの仕組みからです。
マイルは大手の航空会社のJALやANAなとで取り入れられているポイントサービスのことです。たとえば、東京‐沖縄間の飛行機に乗った場合、片道でポイントがいくらと貯まります。往復だとその2倍のポイントがたまります。これがマイルとなります。
これは、航路ごとにマイル数も決まっていたり、さらに割引の場合はマイルも少し減ります。正規料金が高くなるのです。
これを貯めていき、指定されたマイルを越えると、無料で航空券と交換できるのです。ですので、飛行機に乗るのであれば、マイルもためておくと得するということになるのです。
実際に無料で航空券をもらって旅行した人も大勢いるので、あなたもその仲間入りをしてみませんか。
もちろん、航空代理店などで格安で購入したチケットでも、JALやANAならば、マイルは貯めることができます。
マイルについては改訂もあるので、時々チェックすることも忘れないでください。

格安航空会社でも貯められるのか

格安航空会社も今ではたくさんあって、どこにするか迷ってしまいます。
Peachやスカイマークやソラシドエアなどたくさんあります。
そんな中から、どこにするからを選ぶときにマイルを考えてみるのも、選ぶためにはいい判断材料となるでしょう。
なお、格安航空会社だと全てが、マイルのシステムを持っているわけではありません。マイルがない格安航空会社もあるのです。
もしも格安航空会社でマイルを貯めたいと考えたら、スターフライヤーやエア・ドゥやソラシドエアを選んでください。これらは独自のマイルを貯めれますので、得することも可能です。
加えて、スターフライヤーは乗り心地も良いとの評判も多いのでそこも魅力ではないでしょうか。

格安航空会社だと航路は限られているので

ただし、気をつけるのは格安航空会社の場合、航路が限られていることが多いです。スターフライヤーだと九州と羽田、中部国際空港、関西国際空港が中心となっています。
必ずしもあなたのいる地域から乗れるものとも限りません。
とはいっても、マイルをためるのは会員に冴えなれば、あとは格安航空券を買って飛行機に乗るだけですので、まずは会員になるだけでもいいでしょう。